2010年03月26日

ベビーフットは水虫でもいいの?

かかとのゴワゴワって、水分が足りないってのが
角質化しちゃうわけですが、
中には、水虫が原因の場合もあるんですね。


かゆくないからと油断していると、水虫だったりします。


ただですね、水虫って、「白癬菌」が
原因だと言われていますよね?


「白癬菌」が皮膚の中に入り込むのには、
24時間はかかると言われているので、
1日1回足を清潔にするだけでも予防になるんですよね。


ベビーフットは、決して水虫の薬になるわけではありません。


白癬菌が大好きな「古い角質」をズルッと
取ってくれるので、水虫の予防にもなりそうです。



ズルむけコンテストなんかも開催されているので、
面白いくらい足裏の皮がむけてくるのが見れますよ。


ズルむけのベビーフット

posted by かかとすべすべ at 23:35| ベビーフットと水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かかとがゴワゴワでお餅のひび割れみたい

皮脂腺が全くない足裏(かかと)は、
お風呂上りなどに油分を補給してあげないと、
どんどん乾燥が進んでしまいます。


特に冬場はその乾燥がひどくなってしまいます。
なので、気が付いた時には、かかとがお餅のひび割れ状態に
なっちゃうのですね。



春に向けて足裏のケアをしないと、
素足でサンダル、ミュールなんかも履けないですよね?


それまでにキレイにお手入れしておきたい、だけど、
フットケアに行くのも・・・と二の足を踏んでいる方に
オススメ
なのが、ベビーフットです。


おうちでできますからね。


ベビーフットの詳細はこちら
ラベル:かかと ひび割れ
posted by かかとすべすべ at 21:14| かかとのお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古い角質のたまりすぎがゴワゴワの原因?

これ、角質ですが、文字に表すと、
本当に硬い!といった雰囲気がありますね。


人間、誰でも、ヒジ、ヒザ、そして、かかとと、
角質ができるわけですが、


古い皮膚は、新しい皮膚へと生まれ変わっているので、
本来は気にしなくてもいいわけですが、


外部からの刺激や環境などによって、その仕組みうまく働かず、
番表面に出てきた皮膚が、水分を失ってしまい、
角質化してしまうわけですね。


ところが、ヒジ、ヒザ、かかとはその中でも、
頑固に角質化が進んでしまう場所でもあるんですね。


なぜだと思いますか?


かかとは、特に歩いたり走ったりする時に、
毎日、相当な衝撃を受けているんですね。


なので、いくら、角質が衝撃などを緩和するからと言って、
「古い角質のたまりすぎ」は、見た目も悪いですし、
あまり好ましいではありませんね。


がりがり、軽石などで削っている方も多いと思うのですが、
一度リセットするのも手ですよ。


ベビーフットの詳細はこちら





posted by かかとすべすべ at 20:33| かかとのお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。